おもてなしの空間 為替編 このページをアンテナに追加 RSSフィード






このページの情報が多少なりとお役に立てれば、相応の寄付を頂けますと励みになります。 ソフトウエアの改訂や機能追加などのご依頼があれば、寄付をはずんでいただけますと、その気になるかもしれません。(無保証です)
寄付のお願い
メッセージ

2009-12-10

今日の為替

|  今日の為替 - おもてなしの空間 為替編 を含むブックマーク はてなブックマーク -  今日の為替 - おもてなしの空間 為替編  今日の為替 - おもてなしの空間 為替編 のブックマークコメント

●概況

  • ドルショートカバーの勢いが弱ってきて、独歩高だったのが、jpy, cad が強くなってきた
  • ユロは、PIGS格下げ(懸念)で下落も、テクニカルには短期的な下落の見込み
    • ユロに対して、huf, try が下落
  • GBPMPCを前に乱高下、理由は不明

●指標

EUサミット(10−12日、於;ブリュッセル)
メルシュ・ルクセンブルグ中銀総裁、ルクセンブルグ中銀四半期報告公表
ノボトニー・オーストリー中銀総裁、講演
米30年債入札(130億ドル)※リオープン

08:50 10月機械受注 〔-4.4%〕 (+10.5%)
08:50 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ−ス)
09:30 豪11月就業者数 〔+5000人〕 (+2万4500人)
09:30 豪11月失業率 〔5.9%〕 (5.8%)
10:45 バッテリーノRBA副総裁、講演
12:45 5年債入札(2兆6000億円)
17:30 スイス国立銀行、金融政策アセスメント(金利発表) 〔0.25%で据え置き〕 (0.25%で据え置き)
18:00 南ア7−9月期経常収支(対GDP比) 〔3.1%の赤字〕 (3.2%の赤字)
18:00 リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
18:00 12月ECB月報、公表
19:00 伊7−9月期GDP・確報値(前期比) 〔+0.6%〕 (-0.5%)
19:00 伊7−9月期GDP・確報値(前年比) 〔-4.6%〕 (-5.9%)
21:00 イングランド銀行英金融政策委員会(MPC)、政策金利発表 〔0.50%で据え置き〕 (0.50%で据え置き)
21:00 BOE資産購入枠 〔2000億ポンドで据え置き〕 (250億ポンド増額で2000億ポンドに)
22:30 米10月貿易収支 〔368億ドルの赤字〕 (365億ドルの赤字)
22:30 加10月貿易収支 〔7億加ドルの赤字〕 (9億加ドルの赤字)
22:30 米新規失業保険申請件数 〔45.5万件〕 (45.7万件)
翌3:45 デュークFRB理事、講演
翌4:00 米11月財政収支 〔1316億ドルの赤字〕 (前年同月 1252億ドルの赤字)
翌4:30 ライス前国務長官、講演

●昨夜から本日のクローズ、解除注文など

●現在のポジション

○10/15 gbpusd S 戻り狙い
  • { entry = (/* FE */ 1.6237) ; entry } = 1.6237
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6358) + /* Δ */ (.0003) ; stop } = 1.6361
  • { limit = (/* 100%戻し */ 1.5185) + /* spread */(.0001) ; limit} = 1.5185

10/15 エントリ 9/16のポジに統合

準備 { long = 1 ; short = 0 }

R = { rr = entry - stop; if ( short ) ( r = rr ) else ( r = - rr ) ; r } = .0124

E = { ee = limit - entry ; if ( short ) ( e = ee ) else ( e = - ee ) ; e } = .1051

E/R = e / r = 8.46

○10/14 gbpchf S 反騰叩き
  • { entry = (/* FE */ 1.6404) ; entry } = 1.6404
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6609) + /* Δ */ (.0002) ; stop } = 1.6611
  • { limit = (/* 100%戻し */ 1.5702) + /* spread */(.0001) ; limit} = 1.5703

10/15 エントリ

10/16

  • { stop = (/* 失念 */ 1.6609) + /* Δ */ (.0002) ; stop } = 1.6883
  • { limit = (/* 100%戻し */ 1.5702) + /* spread */(.0001) ; limit} = 1.5703

10/22

  • { stop = (/* 失念 */ 1.7030) + /* spread */ (.0001) ; stop } = 1.7231
  • { limit = (/* 100%戻し */ 1.5702) + /* spread */(.0001) ; limit} = 1.5703

準備 { long = 1 ; short = 0 }

R = { rr = entry - stop; if ( short ) ( r = rr ) else ( r = - rr ) ; r } = .0205

E = { ee = limit - entry ; if ( short ) ( e = ee ) else ( e = - ee ) ; e } = .0701

E/R = e / r = 3.42

○09/25 gbpusd S N/L B/O追撃ショート
  • { entry = (/* 昨日安値 */ 1.6021) - /* Δ */ (.0001) ; entry } = 1.6020
  • { stop = (/* 7/8ATL(N/L)9/25 */ 1.6173) + /* 8/7HeadH5% */(.0050) + /* spread */(.0004) + /* Δ */ (.0001) ; stop } = 1.6228
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L)@9/25 */ 1.6173) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5185

同日ヒット

9/28

  • { stop = (/* 7/8ATL(N/L)9/25 */ 1.6173) + /* 8/7HeadH5% */(.0050) + /* spread */(.0004) + /* Δ */ (.0001) ; stop } = 1.6228
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L)@9/25 */ 1.6173) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5185

9/29 ストップ据え置き

10/07 09/16のポジに統合

7/8ATL(N/L) 1.6163@9/22 6166 6170 (Δ = .00035)

8/5 head高さ (/* 8/7高値 */ 1.7042) - (/* 7/8ATL(N/L)@8/5 */ 1.6050) = .0992 5% = 50

準備 { long = 1 ; short = 0 }

R = { rr = entry - stop; if ( short ) ( r = rr ) else ( r = - rr ) ; r } = .0208

E = { ee = limit - entry ; if ( short ) ( e = ee ) else ( e = - ee ) ; e } = .0835

E/R = e / r = 4.63

○09/16 gbpusd S レンジでショート
  • { entry = (/* 昨日安値 */ 1.6402) - /* Δ */ (.0004) ; entry } = 1.6398
  • { stop = (/* 昨日高値 */ 1.6659) + /* spread */(.0004) + /* Δ */ (.0001) ; stop } = 1.6664
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 9/17
  • { entry = (/* 昨日安値 */ 1.6431) - /* Δ */ (.0001) ; entry } = 1.6430
  • { stop = (/* 昨日高値 */ 1.6659) + /* spread */(.0004) + /* Δ */ (.0001) ; stop } = 1.6664
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166

9/17 ヒット

  • 9/18 パラボリックが接近しているので、ストップは据え置き
  • { stop = (/* 昨日高値 */ 1.6659) + /* spread */(.0004) + /* Δ */ (.0001) ; stop } = 1.6664
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166

※ レンジなので 7/8ATL(N/L)到達時の状況次第でクローズしてよい

  • 9/22 パラボリックなかなか接近せず、ストップを 2ATRに変更据え置き
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6551) ; stop } = 1.6551
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 9/25 パラボリックなかなか接近せず、ストップを 2ATRに変更据え置き
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6439) ; stop } = 1.6439
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 9/28 勝ちポジ確定、parabolic < 2ATRなら parabolicストップに変更、limit 2ATR内なら全戻し(1.3502)に
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6258) ; stop } = 1.6258
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 9/29 parabolic < 2ATRなら parabolicストップに変更、limit 2ATR内なら全戻し(1.3502)に
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6258) ; stop } = 1.6258
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 10/07 ストップを parabolic に変更、limit 2ATR内なら全戻し(1.3502)に
  • { stop = (/* パラボリック */ 1.6122) + /* spread */(.0002) ; stop } = 1.6124
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 10/09 禁じ手だがストップを 1ATRに緩和
  • { stop = (/* 1ATR */ 1.6259) ; stop } = 1.6259
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 10/12 ストップ緩和は成功、狩られずに下落したので、ストップを 2ATRに戻す
  • { stop = (/* 1ATR */ 1.6081) ; stop } = 1.6026
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 10/14 追加注文にあわせて、2ATRストップに変更
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6262) ; stop } = 1.6262
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5166
  • 10/16 10/15 ヒットしたポジを統合
  • { stop = (/* 理由失念 */ 1.6646) ; stop } = 1.6646
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5185
  • 10/22 10/15 ヒットしたポジを統合
  • { stop = (/* 2ATR */ 1.6983) ; stop } = 1.7083
  • { limit = (/* 7/8ATL(N/L) */ 1.6154) - /* 8/7HeadH */ .0992 + /* spread */(.0004) ; limit} = 1.5185

8/5 head高さ (/* 8/7高値 */ 1.7042) - (/* 7/8ATL(N/L)@8/5 */ 1.6050) = .0992

準備 { long = 1 ; short = 0 }

R = { rr = entry - stop; if ( short ) ( r = rr ) else ( r = - rr ) ; r } = .0266

E = { ee = limit - entry ; if ( short ) ( e = ee ) else ( e = - ee ) ; e } = .1234

E/R = e / r = 4.63


●現在の注文

●日足分析

通貨インデックス

※、多くの通貨で、MACD H/G だけ他指標とは逆の結果を出している。

MACD は 12,26,9(売り用) ストキャスは、8,3

;MACD は 8,17,9(買い用) ストキャスは、8,3

    • $USD MACD H/Gは強気+%D強気
    • $XEU MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • $XJY MACD H/Gは強気<-中立+%D弱気
    • $XBP MACD H/Gは弱気+%D弱気、ROC売りサイン
    • $XSF MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • $XAD MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • $NZD MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • $CDW MACD H/Gは強気<-弱気+%D強気
    • $MXY MACD H/Gは中立+%D強気
    • $ZAR MACD H/Gは弱気<-中立+%D中立

※ 買いusd, 売り、eur,jpy,gbp,chf,aud,nzd

○メジャーペア
  • eurusd
    • $XEU MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • 週足 弱気
      • DMA7X5は弱気、線形回帰は弱気、MACD H/Gは弱気+%D弱気、ROCは上昇減速
      • RSI14 = 68
      • 投資家Gは強気で拡散し上昇トレンドをサポート、投機家Gが収斂して下げている
    • 日足中立 弱気の乖離
      • ADXは12付近を微増、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足中立
      • 投資家Gは上昇トレンドをサポート、投機家Gが上っている
      • RSI = 55 ストキャスは %D = 69 で中立ゾーンを下落中売りサイン、RSI,ストキャス共に弱気の乖離

※藤原 ドルキャリートレードの巻戻しが始まった

※藤原 1/8発表の12月雇用統計は下ブレ予想、ドル高はここで潰えるかも

※藤原 11月末〜12月は、ヘッジファンド決算期でレパトリのドル高

※藤原 危機は、ラトビア、リトワニア、ハンガリーギリシャに拡大するかもしれない

※藤原 テクニカルには、ユロはこのまま調整局面に入る

※藤原 b波反発局面は、11/25の 1.5144 で終了

※藤原 C波下落が始まれば、1.34-1.37 まで短期間に下げる

※藤原 そうでなくとも、1.37-1.40 のゾーンまで下落する

※藤原 もし、1.5144 越えすれば、再び 1.6台に上昇する可能性あり

※森 1.4666-1.4943(「遅行線」の挙動に注目)

※森 RSI13はフェイリアースイングを形成

※森 日足雲の上限の下抜けががあれば売りシグナル点灯だが、すぐ下げ止まる

※森 選挙のない年は、11-12月はドル高

※大瀬 ユロドルの適正相場は 1.3 持続不可能な所まで上昇している

※大瀬 米景気底入れ祭は、長期金利の上昇で、そろそろ終り

※大瀬 単に巨額の景気対策に頼った景気底打ちの気配は長続きしない

※大瀬 米国は財務規律より景気対策優先だが、ユロ圏は伝統的に財政問題に敏感である

  • gbpusd
    • $XBP MACD H/Gは弱気+%D弱気、ROC売りサイン点灯
    • 週足 中立 MACD H/G弱気 GMMAは投機家Gが下げている
      • DMA7X5は中立、線形回帰は中立、MACD H/G弱気+%D中立、ROCは売りサイン、ボリバンスクイーズ
      • 投資家Gは収斂して僅かに上昇、投機家Gが下げている
    • 日足 中立
      • ADXは17付近を下落、DMA3X3は強気、線形回帰は中立、日足中立
      • 投資家Gは中立、投機家Gが収斂して上昇
      • 昨夜の下落は 55日線 & 雲上限で止まっている
      • RSI14 = 48 ストキャスは中立ゾーンを下落(%D = 60)

※ 格下げの噂

※ 今後、1,2年英国経済はかつてない不況を経験することは確実

※ 大瀬 住宅価格はそろそろ底入れ

※ 大瀬 2010年の米国の成長予想率は 1.5%で、英国の 0.9%を上回っている

※ 大瀬 今後、1,2年英国経済はかつてない不況を経験することは確実

※ 大瀬 英国赤字国債の増発で金利上昇が不可避

※ 大瀬 住宅価格は底入れ

※ 大瀬 1.5 が妥当な水準

※ 大瀬 ユロドルが上昇すれば、ユロポン.90 を軸に ポンドルも上昇するであろう

※ 大瀬 逆に、ユロドルが下落すれば、ポンドルも下落する

※ 森 CFTCのポジションは、売り越し額の取組高占有率18%

ロンドンFX 短期(年内) 1.57 割れたら 1.52

ロンドンFX 中期(2010) 1.57 でサポートされたら、レンジの後 1.52、09年末までに 1.52つければ、1.36も

ロンドンFX 長期(2012-3) 1.70-74

※ 山内 英国民間調査機関の経済ビジネス調査センターの英国経済見通しが悲観的

※ 山内 (金利は2011年まで0.5%のまま、ポンドは対ドルで1.4に下落した方が経済回復に好ましいとの見方)


  • usdjpy
    • $XJY MACD H/Gは強気<-中立+%D弱気
    • 週足 中立
      • DCH中をドリフト
      • DMA7X5は弱気、線形回帰分析は中立、MACD H/Gは弱気+%D強気、ROC下落加速
      • GMMA は下落トレンドを明確にサポート
    • 日足 弱気だが売りサイン消灯
      • ADXは35付近を上昇、DMA3X3は強気、回帰分析は弱気、日足弱気
      • CCIはR/Z
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上昇
      • RSI14 = 36 %D = 17 で売られすぎ、ストキャスは上昇
      • 本日の下落に対して雲下限がサポートになっている
      • SMA6,24がGC

※藤原 先週のドル高は一時的なポジション調整、金利は日本が高く、再び円高になる

※藤原 1/8発表の12月雇用統計は下ブレ予想

※藤原 米国の政策は、ドル安による輸出ドライブ

※藤原 引続き円高が続き、当面の目標値は、79.75 これを達成したら、72.79

※藤原 大企業の巨額増資が続き半分程度は外人が引受けており円高要因

※藤原 米ドル安が止まるのは、米国債消化が出来なくなった時

※藤原 96.00 上抜けすれば、ドルの反発局面に入る

※森 88.73-91.26(「抵抗帯」を巡る攻防が焦点も失速リスクに注意)

※森 IMMポジションでは 39.5%(40%超が買われすぎ)

※大瀬 妥当な価格は 90 くらいで乖離が広がる

  • eurgbp
    • 週足 強気 GMMAは強気
      • DMA7X5は弱気、線形回帰は中立、MACD H/Gは中立+%D弱気、ROC上昇加速
      • 投資家Gは僅かに強気、その上を投機家Gが収斂して上げている
    • 日足中立
      • ADXは14付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰分析は強気、日足中立
      • GMMAは上昇トレンドをサポート、投機家Gが拡散して上昇している
      • RSI14 = 56 ストキャスは下限ゾーン %D = 57 付近を上昇
      • 6/5 DTL(N/L) は 一時B/O(RSI T/LはK/O)

※今の焦点は 6/5DTL上抜きでH&S完成

※ 大瀬 2010年の英国の成長予想は、ユーロ圏を上回っている

※ 大瀬 ポンドが対ユーロで上昇しているのは、ユーロ圏が難題に直面しているため、ポンド短期投資が盛んになった

※ 大瀬 M&A によるポンドの一時的需要というものある

ロンドンFX パリティはあって当然

※ LondonTX FE だと、目標値、.85High-.86low

  • eurchf パス

※ SNBは 1.51-3 目標で介入を繰り返していると信じられている、9/29は 1.5075 で介入

    • 週足は 中立
      • ボリバンスクイーズ
      • DMA7X5は中立、線形回帰は中立、MACD H/G は強気+%D中立
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート、下方から投機家Gが少し侵入してから下落
      • 08/12/14 DCH は 一時B/O (RSI T/Lは、B/O)
      • 10/26週からのATLはK/O(RSI T/LはK/O)
        • 1.51よりchf高になると、SNB のchf高介入があるから、それと衝突することになる。
    • 日足 中立
      • ADXは12付近を上昇、DMA3X3は弱気、線形回帰は中立、日足中立、8/6からレンジ
      • GMMA 投資家Gは下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上昇
      • SNBの防衛ラインギリギリの所
      • RSI14 = 42 %D= 20
      • 6/13 DTL で目下の上昇はレジストされている
      • 10/27 ATLはK/O(RSI T/Lも K/O)
      • 06/24DTLはK/O(RSI T/LもK/O)
      • 06/24 の介入の反動で今は下げている
        • 最近の動きはSMB介入で上昇し、それが緩やかに下落し、また介入で上昇するというパターン
        • バイアスは上だが、介入後の反動下落が続いている
      • 3/10からのパターンは、上昇トライアングルのオーバーラン
        • 03/16 DTL(上昇トライアングル上辺)はK/O(RSI T/Lは B/O)
        • 03/10 ATL(上昇トライアングル下辺)はK/O(RSI T/Lも K/O)
      • RSI3 50割れからの上昇が、買いのタイミングになる感じ
      • 3/6ATL(主要ATL)B/Oなるか

※ 今の焦点は、3/10 ATLの下抜け(これがあれば、1.515 付近でエンターしてみる)

スイス中銀は、eurchf 1.51-1.53 付近を目標に、と介入を繰替えしている

※※ 9/30 2000 頃、1.5075で介入があり、一時 1.5241 まで上昇した

※※ これまでの介入からするとヌルいのはユロが下落しているからか、第二次攻撃があるのか

  • usdchf
    • $XSF MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • 週足 強気だけどGMMAは弱気で投機家Gが上げている
      • DMA7X3は強気、線形回帰は強気、MACD H/Gは強気+%D強気、ROC下落減速
      • RSI14 = 40 強気の乖離
      • GMMA は、下降トレンドを明確にサポート、投機家Gが収斂して上げている
    • 日足 中立、ストキャス強気の乖離、GMMAも短期的な上昇を示唆
      • ADXは12付近を下落、DMA3X3は弱気、線形回帰は弱気 日足中立、40日安値 B/O
      • GMMAは明確に下降トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上げている
      • RSI14 = 44,ストキャスは%D = 33 中立ゾーンを上昇、Iストキャスが強気の乖離

※今後の焦点は、5/18DTL(N/L候補)の B/O

ロンドンFXは、米株調整で、usdchf L するといっている

※ 森 IMMポジションでは 43.6%と買われすぎ(40%超が買われすぎ)

  • gbpchf
    • 週足 中立 GMMAは弱気サポート
      • DMA7X3は中立、線形回帰分析は中立、MACD H/Gは中立+%D強気、ROCは下落加速
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート
    • 日足 弱気だけど売りサイン消灯
      • ADXは 16付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰分析は弱気、日足弱気、20日安値B/O
      • CCIはR/Z
      • GMMA は下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上げている
      • RSI = 39 ストキャスは下限ゾーンを下落(%D = 25)
      • 雲下限を明確に突破、SMA6,24は DC
○ドルブロック
  • audusd
    • $XAD MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • 週足 弱気
      • DMA7X5は弱気、線形回帰は弱気、MACD H/Gは弱気+%D弱気、ROC上昇等速
      • GMMA は上昇トレンドをサポート、その上を投機家Gが収斂して下げている
    • 日足 中立
      • ADXは17付近を下落、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足中立
      • GMMA は強気、投機家Gが下げた後収斂して上昇
      • RSI14 = 50, ストキャスは、%D = 50付近を横這い、買いサイン
      • SMA5,24 は DC 目前

※ 森 IMMポジションでは 41.0%(40%超が買われすぎ)

  • nzdusd
    • $NZD MACD H/Gは弱気+%D弱気
    • 週足 中立
      • DMA7X5は弱気、線形回帰分析は弱気、MACD H/G は中立+%D弱気、ROCは上昇等速
      • GMMA は上昇トレンドをサポート、投機家Gがその上を収斂して下げている
    • 日足 中立、ストキャス強気の乖離で買いサイン
      • ADXは19付近を下落、DMA3X3は強気、線形回帰は弱気、日足中立
      • GMMA は中立
      • RSI = 43 ストキャスは %D = 36 で、中立ゾーンを下落、ストキャス強気の乖離を形成中

※ 今の焦点、9/2ATL(N/L候補)の B/O


  • audnzd パス
    • $XAD MACD H/Gは中立<-弱気+%D弱気
    • $NZD MACD H/Gは中立+%D中立
  • 週足 中立
      • DMA7X5は強気、線形回帰分析は強気、MACD H/Gは中立+D%強気、ROC上昇減速
      • 投資家Gは上昇して拡散、投機家Gも拡散して上昇
    • 日足 明確に強気、弱気の乖離
      • ADXは18付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足強気、40日高値B/O
      • トレンド系指標はすべて買い
      • GMMA は上昇トレンドをサポート、投機家Gが上抜けしている
      • RSI14 = 66 %D = 72 ストキャス,RSIが弱気の乖離を形成中

      • 10/24 ATL は B/O(RSI T/L は K/O) 弱気の乖離
      • 6/1 からのパターンは下降ウエッジ|H&Sを形成
        • 6/1DCH(N/L|下降ウエッジ下辺)は K/O (RSI DCHも K/Oで破れそうにない)
        • 6/10DTL(下降ウエッジ上辺)は B/O (RSI DCHも K/O)
          • 一旦上向けしたあとサポートとなっている
      • 5/18 からのパターンは、下降ウエッジを形成
        • 5/18DTL(下降ウエッジ上辺)は K/O(RSI DTLは、B/O)
      • ストキャスは上限ゾーンを下落
  • usdcad
    • $CDW MACD H/Gは強気<-弱気+%D強気
    • 週足 弱気
      • DMA7X5は中立、線形回帰分析は弱気、MACD H/G は弱気+D%中立、ROC下落加速
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート
      • チャートパターン的には水平トライアングル
    • 日足 中立
      • ADXは9付近を横這い、DMA3x3は強気、線形回帰は弱気、日足中立
      • シンメトリカル・トライアングルをオーバーラン
      • GMMA は下落傾向弱化、投機家Gが収斂して下げている
      • RSI14 = 47 %D = 37

米国債大量発行終了後、ドル安が継続するかは疑問、

※ 中期的には、下落トレンドは弱まっている

※森 IMMポジションでは 35.6%(40%超が買われすぎ)

  • usdmxn
    • $MXY MACD H/Gは中立+%D強気
    • 週足 中立
      • DMA7X5は弱気、線形回帰は弱気、MACD H/Gは強気+%D弱気、ROC下落減速
      • 投資家Gは収斂して中立、投機家Gが上から浸透して収斂して上げている
    • 日足 中立
      • ADXは10付近を下落、DMA3X3は弱気、線形回帰は中立、日足中立
      • 投資家Gは下落して発散、下落トレンドをサポート、投機家Gがその下を展開して下落
      • ●3/19 からレンジ相場(12.7564-13.8)
        • レンジ下限付近で、ストキャス買いサイン点灯
    • RSI = 44 ストキャスは下限ゾーンで横這い(%D = 20)、ストキャスが強気の乖離
    • 4/28 からのパターンは、レクタングルを構成
      • 4/28DTL(N/L|上辺)はB/O(RSI ATLは タッチ)
      • 5/20AT(下辺)は K/O(RSI ATLは B/O)

※ 森 IMMポジションでは 79.6%(40%超が買われすぎ)

※ フィッチが先週原油採掘量の低下や財政赤字の拡大を理由にメキシコの信用格付けをBBからBBBに下方修正

S&P も追随すればペソ暴落の恐れ

  • usdzar
    • $ZAR MACD H/Gは弱気<-中立+%D強気
    • 週足 強気、でも投機家Gが上げているだけ
      • DMA7X5は強気、線形回帰分析は強気、MACD H/G強気+%D中立、ROC下落減速
      • GMMA は下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上げている
    • 日足 中立
      • ADXは20付近を下落、DMA3X3は弱気、線形回帰は弱気、日足中立、20日安値 B/O
      • GMMA は弱い下落トレンドをサポート、投機家Gが展開して下げている
      • RSI14 = 43,ストキャスは下限ゾーンを下落 %D = 27 売りサイン

※下落トレンドだが、下値が堅くなっている、トレンド転換が近いかも

  • usdils ildjpy = 25 くらいだからスプレッドは 1.5k-
    • 週足 中立 投機家Gが上げているだけ
      • DMA7X5は強気、線形回帰は強気、MACD/HG は中立+%D強気、ROC下落加速
      • 投資家Gは中立に収斂、投機家Gは収斂して上げている
    • 日足 中立
      • ADXは±DIを下抜けし18付近を下落、DMA3X3は弱気、線形回帰は強気、日足中立
      • GMMA は中立、投機家Gは収斂して下げている
      • RSI14 = 49 ストキャスは中立ゾーンを上昇( %D = 52)
      • 11/20高値に対して、RSI,ストキャスが弱気の乖離
      • 4/27 から DCH を下降していたが上方ブレイク
      • 11/30 は、中東方面のニュースが何もないのに、2000pips 以上動いている 冗談じゃない、

ドバイショックでは、usd/ils 下落(ilsの上昇)

イスラエル中銀は通貨高を警戒、介入を匂わせる発言

※ 上値も下値も狭まり、(サイズが大きいけど)下向きウエッジのような形になっている


欧州通貨
  • usdsek
    • 週足 強気
      • DMA7X5は強気、線形回帰は強気、MACD H/Gは強気+%D強気、ROC下落加速
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上げている
    • 日足 強気だが買いサイン消灯
      • ADXは16付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足強気
      • CCIはR/Z
      • ● 7/31 以来 6.8-7.3 のレンジ相場
      • GMMA は中立、投機家Gが収斂して上昇
      • RSI = 45 %D=48 で上昇中

※ 7.0 越えでストキャスを見てでショートを狙う

※ 今の焦点は5/18ACHが上抜けしれH&S が完成するか

※ 大瀬 スウェ-デンは、中東欧に多額の不良債権を抱える

  • usdnok
    • 週足 強気だが、投機家Gが上げているだけ
      • DMA7X5は強気、線形回帰は強気、MACD H/G強気+%D強気、ROC下落等速
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上げている
      • 週足 RSI14 = 32
    • 日足 中立
      • ADXは14付近を横這い、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足中立
      • GAMMA は下落トレンドをサポート、投機家Gが収斂して上げている
      • RSI = 51, ストキャスは下限ゾーンを下落(%D = 28.8)
      • 雲下限で本日の上昇はレジストされた
  • eursek /* spread */(.0029)
    • 週足 強気
    • DMA7X5は強気、線形回帰分析は強気、MACD H/Gは強気+%D強気、ROC下落加速
    • 日足 強気
      • ADXは19付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰分析は強気、日足強気
      • CCIは買いクローズ、ROCは買い、MACDは買い
      • 投資家Gは収斂して僅かに上昇、投機家Gは上昇して展開
      • RSI = 56, %D = 34 ストキャスは中立ゾーンを上昇中

--- 3/6 からの下降チャネルを上昇中

      • 3/6DTL(主要DTL)は K/O(RSI DTLも K/Oかつ破れそうにない)
      • 7/29DTL(N/L候補)は K/O(RSI ACH もK/O)
      • 8/10ATL(下値の切り上がり)は K/O(RSI ATL は破れそう)
  • eurnok
    • 週足 強気しかしGMMAは弱気
      • DMA7X5は強気、線形回帰は強気、MACD H/Gは強気+%D強気、ROC下落加速
      • 投資家Gは収斂して下落、投機家Gが収斂して上げている
    • 日足 中立
      • ADXは12付近を下落、DMA3X3は中立、線形回帰は強気、日足中立
      • GMMA は下落トレンドをサポート、投機家Gが少し収斂して上げている
      • RSI = 40 %D = 32 ストキャスは中立ゾーンを上昇中
  • noksek
    • 週足 中立
      • DMA7X5は弱気、線形回帰は中立、MACD H/Gは弱気+%D強気、ROCは売りサイン
      • 投資家Gは上昇トレンドをサポート
    • 日足 中立
      • ADXは15付近を下落、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足中立
      • 投資家Gは上昇トレンドをサポート、これを投機家Gが上抜けして上げている
      • RSI14 = 55 %D = 43 で中立ゾーンを上昇中

  • eurpln 最大スプレッドは 6k円くらい注意
    • 週足 弱気
      • DMA7X5は弱気、線形回帰分析は弱気、MACD H/G弱気+%D中立、ROC下落減速
      • 投資家Gは僅かに弱気、投機家Gは浸透して収斂し上昇
    • 日足 中立
      • ADX6は 20付近を横這い、DMA3X3は弱気、線形回帰分析は強気、日足中立
      • 投資家Gは下落トレンドをサポート、投機家Gが下落して展開している
      • RSI = 40、ストキャスは下限ゾーン(%D = 18)で横這い
      • 3/3DTL を B/O(RSI DTL は K/O)

※ 今の焦点、8/3 ATL(フラグ下辺) B/Oに注目

  • eurczk
    • 週足 弱気、ただしGMMAは中立で投機家Gが下げている
      • DMA7X5は弱気、線形回帰は弱気、MACD H/Gは弱気+%D弱気、ROCは下落減速
      • 投資家Gは中立に収斂、投機家Gは収斂し下落
    • 日足 強気
      • ADX6は48付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰は強気、日足強気
      • トレンド系指標はすべて買い
      • GMMAは収斂し上昇、投機家Gが上抜後展開して上昇
      • RSI = 58 ストキャスは中立ゾーンを上昇中(%D = 40)売りサイン

英国アイルランド、リトワニアと並んで金融機関不良債権率が高い

  • eurhuf ※1枚当りのスプレッドは 5k円くらい注意
    • 週足 強気 GMMAは僅かに弱気、投機家Gが収斂して上げている
      • DMA7X5は強気、線形回帰は強気、MACD H/G強気+%D強気、ROC下落減速、買いサイン間近
      • GMMAは僅かに弱気、投機家Gが収斂して上げている
    • 日足 中立
      • ADX6は5付近を下落 、DMA3X3は弱気、線形回帰は強気、日足中立
      • GMMA投資家Gは弱気に展開、投機家Gも下落して展開、下落トレンドをサポート
      • ● 6/11 から (263.40-279.29) のレンジにある
        • 10/20 8/4安値 264.16 を更新
      • 7/27 からATLが引ける
      • RSI = 36 %D = 25 ストキャス売りサイン
      • 3/6DTL(主要DTL)は B/O
    • 8/26 からのパターンは水平トライアングル(下落を示唆)
      • 7/13DTL(N/L候補)は K/O(RSI ACHは K/Oだが強気の乖離)
  • eurtry /* spread */(.0200) スプレッド 16K ちょっと高すぎ
    • 週足 中立 MACD H/Gは弱気 ストキャス強気の乖離 ストキャス売りサイン
    • DMA7X5は強気、線形回帰分析は中立、MACD H/Gは弱気+%D弱気、ROC上昇減速、ストキャス売りサイン
    • RSI14=64 ストキャスは売りサイン、ストキャス強気の乖離
    • 投資家Gは強気で拡散して明確に上昇トレンドをサポート、その上を投機家Gが収斂して下落
    • 日足 強気
      • ADXは40付近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰分析は強気、日足強気、40日高値B/O
      • トレンド系指標はすべて買い
      • RSI14 = 76 ストキャス%D = 64 で上昇中
      • GMMAは上昇、投機家Gが跳ね上がっている
      • ●4/1 より 2.0424-2.2 のレンジにある
      • RSI14 = 47 ストキャスは下限ゾーンを上昇中、%D = 27
      • 3/20DTL(主要DTL)は一時B/O(RSI DTLも B/O寸前)
      • 7/20DTL(N/L候補)は一時B/O(RSI DTLは K/O)
      • 目下の焦点は、7/20DTL(N/L候補)の B/O
        • 9/15 7/20DTL(N/L候補) の B/O 失敗して H/S失敗
○クロス円
  • audjpy
    • 週足 中立
      • DMA7X5は中立、線形回帰は中立、MACD H/Gは弱気+D%弱気、ROC上昇減速
      • 投資家Gは強気に収斂、投機家Gが上抜け後に収斂して下げている
    • 日足 中立
      • ADXは17付近を上昇、DMA3X3は弱気、線形回帰は弱気、日足弱気
      • CCIはR/Z
      • GMMA は展開して中立、投機家Gが浸透し下落
      • RSI = 42, ストキャスは中立ゾーンを下落(%D = 47)
    • なっちゃん日足
      • 雲上限がサポート
      • 4/28 ATLはN/L候補、右肩下降中(RSI ATL は K/O+弱気の乖離)
      • 7/13 ATL は K/O(RSI ATL は B/O寸前)
      • 7/29ATL(N/L) は B/O(RSI DTLも B/O かつ弱気の乖離)
  • nzdjpy パス
    • 週足 中立
      • 07/7/22 から 2/1 の下落に対して38.2%弱戻した後下落再開、戻りは弱い
      • 2/1 ATLはK/O、(RSI T/LはB/Oしそう)
      • DMA7X5は強気、回帰分析は中立、MACD H/Gは中立+D%弱気、ROC強気
      • 投資家Gは強気に収斂、投機家Gが上抜けしている
    • 日足 中立
      • ADXは10付近を下落、DMA3X3は強気、回帰分析は中立、日足中立
      • GMMAは上昇トレンドをサポート、投機家Gが反発
    • なっちゃん 日足
      • RSI = 56 %D = 51 ストキャスは中立地帯を上昇して買いサイン
      • 2/2ATL(主要ATL) は K/O (RSI ATLも K/O)
  • eurjpy
    • 週足 中立
      • DMA7X5は中立、線形回帰分析は弱気、MACD H/Gは強気+%D中立、ROC強気
      • 投資家Gは中立に収斂、下から投機家Gが浸透して上昇
    • 日足 中立
      • ADXは27付近を下落、DMA3X3は強気、線形回帰分析は強気、日足中立、十字線
      • 投資家Gは拡散し中立、投機家Gは下抜けして収斂して上昇
      • RSI14 = 42、%D = 31 ストキャスは下限ゾーン手前で買いサイン目前
      • SMA76でサポートされている
      • 09/01/21ATL(主要ATL)にタッチ
      • 7/29DCH(N/L候補)は 一時 B/O(RSI DCH は B/O)

※ 今の焦点は 7/29 ATL の下抜け

※ メリ 138.70上抜けするか注目、上抜ければ強気、抜けなければ下落して、129.01(10/2安値)下回る

※ 森 134.53-136.36 136.43処を上抜けば、139.26(6/5_)-138.52(8/7)を結ぶ抵抗線を試す

※ 森 133.52処を下抜けば、H&Sネックラインを再び試す

※ 藤原 英欧の銀行は損失の40%しか計上しておらず、今後突然評価損が表面化する可能性がある

※ 藤原 6/5の139.18 からC波調整局面に入った

※ 藤原 今回は 120割れの挑戦があり、当面は、124.37割れに注目

※ 藤原 124.37割れすれば、112.06 まで下落する

※ 藤原 一方、139.13越えならば、b波反発局面は継続していたことになる

※ 宮田 今後数ヶ月は、ユロ安円高

※ 宮田 フィボナッチに基くターゲットは、108.08-106.30 だが 112.18(080121安値)を下回らない可能性がある

※ 宮田 短期的には、6月高値を目指す展開、138.17上回ると、141.08-147.90 を目指す

  • gbpjpy パス
    • 週足 中立
      • 07/07/15-09/01/18の下落から38.2%戻して下落、戻りは弱い
      • DMA7X5は弱気、線形回帰分析は弱気、MACD H/Gは強気+%D弱気、ROC強気
      • GMMAは下落して展開、浸透していた投機家Gが下抜けして展開
      • 1/18ATLはB/O(RSI T/LもB/O)
    • 日足 弱気
      • ADXは39近を上昇、DMA3X3は強気、線形回帰分析は強気、日足弱気
      • CCIはR/Z
      • GMMA は下落トレンドを明確にサポート、投機家Gがちょっと上昇
      • RSI14 = 31 ストキャスは下限ゾーンを越え上昇し買いサイン(%D = 37)
      • 1/23ATL(主要ATL)はK/O
      • 7/29ATL(N/L)は B/O(RSI ATLは K/O)

※ 大瀬 135が妥当な水準

  • chfjpy パス
    • 週足 弱気
      • 08/06/29-08/12/07の下落からの50%戻し(90.06)でレジストされている感じ
      • DMA7X5は弱気、線形回帰分析は弱気、MACD H/Gは強気+%D中立、ROC上昇等速
      • 投資家Gは収斂して僅かに下落、投機家Gが下から浸透して下に抜けている
      • 1/18ATLはほとんどB/O(RSI T/LはB/O)
    • 日足 弱気
      • ADXは30付近を下落、DMA3X3は強気、線形回帰分析は強気、日足中立
      • 投資家Gは拡散して中立、投機が下抜けして収斂しつつ上昇
      • 8/7DCH 中をドリフト(幅約320pips)
      • RSI14 = 50 ストキャスは中立地帯を上昇中(%D = 47)
      • SMA76でサポートされている
      • 1/23ATL(主要ATL)は 一時B/O(RSI ATLはK/O)
      • 7/30ATL(N/L候補)は B/O (RSI TL も B/O)
  • cadjpy パス
    • 週足 中立
      • 07/11/04-09/01/18の下落からの38.2%戻し(90.22)でレジストされている感じ
      • DMA7X5は下落、線形回帰分析は下落、MACD H/Gは強気+%D弱気、ROC強気
      • 投資家Gは中立に収斂、浸透した投機家Gが上昇している
      • 1/18ATLはK/O(RSI T/LはB/Oしそう)
    • 日足 弱気
      • ADXは21付近を上昇、 DMA3X3は強気、線形回帰分析は中立、日足弱気
      • CCIはR/Z
      • 投資家Gはして展開中立、投機家Gがその下で反転上昇して収斂、短期的上昇を示唆
    • 日足 なっちゃん
      • 雲下限が抵抗線、SMA76がサポートになっている
      • RSI14 = 47 ストキャスは中立地帯で売りサイン %D = 51
      • 6/10ACH は K/O(RSI ACH も K/O)
      • 7/22 DTL は B/O(RSI DTLは B/O寸前)
      • 今の焦点は 7/22DTL(N/L) B/O したけど、トレンド感弱く入らない

●本日の売買方針

○メジャーペア
  • eurusd /* spread */ (0.0001)週足弱気
    • GMMAとストキャスに注目して押し目を待つ
    • ToDO
      • なし
  • gbpusd /* spread */(0.0002) 週足 中立 MACD H/G弱気 GMMAは投機家Gが下げている
    • 週足GMMAが下向きになるまで、ショートは待つ
    • ToDo
    • なし
  • usdjpy /* spread */(.01) 週足 強気
    • DCH中にあり、戻った所をショートする
    • ToDO
      • なし
  • eurgbp spread(0.0003) 週足弱気
  • eurchf 週足中立、日足中立、8/10から下落トレンド、売られすぎ

※ いずれ自然なeur上昇とともに、上昇トレンドが明確になると予想、そしたらロング

    • 週足
    • SNB介入(があるか)というかどこまの下げを SNBが許容するか注目、前回介入ラインは 1.5075
    • GMMA は下落トレンドをサポート
    • eur高騰が収まるまでは見送り
    • なし
  • usdchf 週足 強気だけどGMMAは弱気で投機家Gが上げている
  • usd上昇潰えたら、ショート(USDリワインドも遅くとも1/8雇用統計まで)
  • gbpchf /* spread */(0.0001) 週足中立 GMMAは弱気サポート
    • usdchf の先行き不透明なので、gbpusd 下落が明確になるまで追撃売りは待つ
    • ToDO
      • なし
○ドルブロック
  • audusd /* spread */(0.0002) 週足弱気
    • 上昇に転じた所をロング狙い
    • ToDO
      • なし
  • nzdusd /* spread */(0.0002) 週足は中立
    • 週足GMMAは強気をサポート、ストキャスが上昇に転じた所でロング狙い
    • ToTo
      • なし
  • audnzd /* spread */(.0002) パス
  • ToDo
      • なし
  • usdcad /* spread */(0.0002)、週足弱気、GMMAは弱気
    • 日足GMMA,ストキャスに注目してショートのチャンスを待つ
    • ToDo
      • なし
  • usdmxn /* spread */(0.030) 週足 中立
    • 格下げの動きあり
    • 強烈に買われすぎ
    • 3/19 からのレンジ相場(13.8-12.8)を下抜け
  • ToDo
      • なし
  • usdzar /* spread */(.0030) 週足強気、でも投機家Gが上げているだけ
    • 週足
      • 下落に転じた所をショート
  • ToDo
      • なし
  • usdils /* spread */(.0061)週足中立
    • 週足 MACD H/Gが弱気
    • 日足、弱気の乖離が出て下げているが、GMMA的には投機家Gの下落で一時的なもので方向感なし
    • ToDo
      • なし
欧州通貨
  • usdsek /* spread */(0.0025)週足強気だが、投機家Gが上げているだけ
  • usdnok 週足強気だが、投機家Gが上げているだけ
    • 週足 上昇は、投機家Gによる一時的なもの、下落に転じてからショート狙い
    • ToDo
      • なし
  • eursek /* spread */(0.0100) 週足 強気だがGMMAは中立で投機家Gが上げている
  • ToDO
      • なし
  • eurnok 週足 強気しかしGMMAは弱気
  • noksek 週足 中立
      • 行き先不明
    • ToDo
      • なし
  • eurpln /* spread */(0.0200) 週足 弱気
  • eurczk spread(0.050) 週足弱気、ただしGMMAは中立で投機家Gが下げている
    • 行き先不明
    • なし
  • eruhuf spread(.30) 週足 強気 GMMAは僅かに弱気、投機家Gが収斂して上げている
  • 行き先不明
  • ToDo
    • なし
  • erutry /* spread */(.0030) 週足 中立 H/Gは弱気 ストキャス強気の乖離 ストキャス売りサイン
  • 週足ストキャスの反転に注目してロングを狙う

○クロス円
  • audjpy spread(0.05) 週足中立、日足中立
    • 週足 GMMA は上を向いている
  • ToDo
    • なし
  • nzdjpy spread(.03) 週足中立、日足中立
    • 上昇トレンドにあることを疑う理由はない
    • 週足 GMMA は上昇トレンドをサポート、投機家Gも上げている、でも価格は上っていない
    • 日足 投資家Gは横這いになったように見える
  • ToDo
    • なし
  • eurjpy spread(4) 週足中立、日足弱気、
    • MACD H/Gが強気の乖離
    • ToDo
      • 下落トレンド中の一時的な反騰でストップつきそうなので禁断のストップ緩和
  • gbpjpy /* spread */(.08) 週足中立、日足弱気
    • MACD H/Gが強気の乖離
    • 週足 今の上昇はGMMA投機家Gの上昇による短命なものと思われる
    • 下落に転じれば遅滞なくショート
    • ToDo
    • なし
  • chfjpy /* spread */(.08) 週足弱気、日足弱気 レンジにある、
    • 8/7DCH 中をドリフト、GMMAとオシレータで戻りを売るのがよい
    • ToDo
    • なし
  • cadjpy /* spread */(.08) 週足中立、日足弱気
    • MACD H/Gが強気の乖離
    • 週足GMMA投資家Gは中立、投機家Gが上げているだけ
    • 日足GMMAは短期的な上昇を示唆
    • GMMA とストキャスで売ってみる
    • ToDo
    • なし

テクニカル分析用に emacs ウインドウをセットアップする

|  テクニカル分析用に emacs ウインドウをセットアップする - おもてなしの空間 為替編 を含むブックマーク はてなブックマーク -  テクニカル分析用に emacs ウインドウをセットアップする - おもてなしの空間 為替編  テクニカル分析用に emacs ウインドウをセットアップする - おもてなしの空間 為替編 のブックマークコメント

;;; 20091210 テクニカル分析用にウインドウをセットアップ
;;; http://forex.g.hatena.ne.jp/amt/20091210#MySetupTechnicalAnalysisWindow	
;;; 
(defun my-setup-technical-analysis-window ()
  "テクニカル分析用にウインドウをセットアップする"
  (interactive)
  (when (string=  "CurrentScope.muse" (buffer-name))
    (delete-other-windows)
    ;;操作による揺らぎをキャンセルする為、カレントポジションをバッファ先頭に移動
    (goto-char (point-min))
    (split-window-horizontally)

    ;;左一番上の通貨インデックス表示ウインドウ
    (split-window-vertically)
    (split-window-vertically (+ 9 2)) ;タブとモードラインの二行分を足す
    (re-search-forward "-- \$XEU") ;左一番上の通貨インデックスウインドウのセットアップ
    (recenter 0)		
  
    ;;ポジション&オーダー表示ウインドウ
    (other-window 1)
    (search-forward "** ●現在のポジション")
    (next-line)
    (recenter 0)		

    ;; 本日の売買方針 ウインドウ
    (other-window 1)
    (search-forward "** ●本日の売買方針") 
    (re-search-forward "^-eurusd")
    (recenter 0)

    ;; 右側のウインドウの分割
    (other-window 1)
    (split-window-vertically -15)

    ;; 分析ウインドウ
    (re-search-forward "^-eurusd")  
    (recenter 0)
    ;; シェルのウインドウ
    (other-window 1)
    (shell)))
(define-key muse-mode-map [(control ?c) ?S] 'my-setup-technical-analysis-window)


■--このページについて--■

○日記開設以来のページビュー::400031
○書いた人::逸見研一(いつみけんいち)
○mail::invest.itsumi @ gmail.com
↑の@を半角に変更

このページへリンクしているページ
このページを参照しているページ

アクセスログ

■--今読んでるモノ--■


※過去に読んだもののメモは こちら

■--ほかのページ--■

アフィリエイト研究20061018 発進!
借りやすい消費者金融New!
中国株投資の証券会社選びNew!
おいでやすWiki
いつみの思いつき
いつみの予定
いつみのオープンノート
使ってみた Firefox extension
はてなフォトライフ(シンボリックな画像の倉庫)
del.icio.us
flickr
Orkut
Mixi

<< 2009/12 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
■ 過去記事一覧 ■

■--お役立ち情報--■

html-helper-mode キーバインド
hatena-mode のキーバインド
はてな記法一覧
はてなダイアリー利用可能 html タグ


.